[フランクフルト 11日 ロイター] - 国際決済銀行(BIS)のカルアナ総支配人は11日、主要国のデフレリスクがほぼなくなり、成長が上向いているため、中央銀行は金融政策の正常化に備えるべきとの見解を示した。

ドイツの日刊証券紙Boersen-Zeitungが伝えた。

カルアナ氏は、正常化が困難な道のりかもしれないという事実は、正常化を遅らせる理由にはならないと指摘。ただ、中銀はそれぞれにとって適切な開始時期を選ぶ必要があるとも述べた。

また、超緩和的な金融政策の必要性は低下しているが、中銀は未踏の領域を歩んでいると指摘。「従って、段階的かつ慎重に進めることが正しい。(しかし)金融政策の正常化が始まった今、このプロセスを続けることが重要だ」と述べた。

カルアナ氏は元スペイン中銀総裁。