[ワシントン 11日 ロイター] - 米下院金融委員会は、金融規制の撤廃に向けた新たな法案を月末までに公表する。2010年に成立した金融規制改革法(ドッド・フランク法)の大幅な見直しとなる。

同委員会のヘンサリング委員長は声明で、「金融選択法案」の成立に向けてトランプ大統領と協力することを心待ちにしているとコメント。同案はウォール街と米政府に責任を負わせることで消費者を保護し、銀行救済を終わらせるとした。