[北京 12日 ロイター] - 中国国営テレビによると、習近平国家主席は12日、トランプ米大統領と電話会談し、朝鮮半島の緊張について、平和的手段をもって解決されるべきとの認識を示した。

中国国営中央テレビ(CCTV)によると、習主席は電話会談で「(中国は)朝鮮半島の非核化と、半島の平和と安定の維持という目標に取り組んでおり、平和的な手段による問題解決を提唱している」と発言。「今後も米国側との緊密に連絡を取り、協調していく」と述べた。

中国共産党機関紙・人民日報系の環球時報は12日、北朝鮮は「自国の安全保障のため」核やミサイルに関連した活動を中止すべきとの見解を示し、米国が核武装した北朝鮮と「共存」する気はないことは明白だと強調した。同紙の見解は中国政府の方針と必ずしも一致しない。

北朝鮮の機関紙は前日、米国による先制攻撃の兆候があれば米国に核攻撃すると警告している。

*内容を追加します。