ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
新人編集者ムラタの××日記
【第1回】 2011年6月1日
著者・コラム紹介バックナンバー
新人編集者ムラタ [ダイヤモンド社書籍編集局]

異動後最初の仕事が、
まさか日記とは思いませんでした…。

1
nextpage

2011年4月、営業部で書店営業を担当してきた若者に、書籍編集局への異動辞令が出た――。本連載は、ひとりの新人編集者がまったく経験のない仕事の中で、様々な壁にぶちあたりながら成長していく過程を、自らの言葉でしたためていくものです。あたたかい目で見守っていただけましたら幸いです。

はじめまして、ムラタです。

 「ムラタくん、これから毎週日記書いてもらうことになったから。I編集長も了解済みだから、よろしくね」

 高田純次さん著書『適当日記』の編集担当Cから、とても適当に呼び止められたときにはもう、私の一存でこの仕事を断る権利などありませんでした。

 冒頭でちょっとしたグチをお伝えしつつ…ダイヤモンド社書籍オンラインをご覧のみなさま、はじめまして。5月中旬に書籍編集局第二編集部に異動となりました新人編集者のムラタです。恥ずかしながら、このような形でみなさまに日々の生活をご報告させていただくこととなりました。

 こちらの日記、すぐにでも使える知恵が満載の「ダイヤモンド社書籍オンライン」のなかにありながら、これといって役立つ情報はありませんが、ご立腹することなく一時の箸休めとしてご覧いただければ幸いです。

 さて、幸か不幸かこのような形で記念すべき第1回を迎えることとなりましたので、簡単に私の自己紹介をさせていただきます。

 まず、これまでの経緯を簡単に。私は大学卒業後の2009年にダイヤモンド社へ入社し、以後2年間は営業部に所属。営業マンとして主に神奈川県、新潟県の書店さんを担当させていただき、本当に多くの書店員さんに育てていただきました。そして2011年春の人事異動にともない、ひょんなことから書籍編集局第二編集部という部署に異動することとなり、現在に至ります。

 営業部時代、敏腕編集者の企画に対しても「このタイトルだと伝わらない」「誰が買ってくれるのかわかりませんよ」と、好き勝手に物申していたことを若干の後悔とともに振り返る今日このごろ。

 みなとても優しく前向きな先輩のため、過去のことはきれいさっぱり忘れていると思います。積極的に忘れていて欲しいという願望も込めて…。

書籍編集局とは

 私の自己紹介はここまでにさせていただき、これをせっかくの機会と捉え、書籍編集部の説明も簡単に。決して「書くことが思い浮かばなかったから字数を稼ぎたい」という邪な気持ちで書きはじめるワケではありません。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
コピー1枚とれなかったぼくの評価を1年で激変させた 7つの仕事術

コピー1枚とれなかったぼくの評価を1年で激変させた 7つの仕事術

Shin 著

定価(税込):本体1,400円+税   発行年月:2017年7月

<内容紹介>
たった1年で、ド落ちこぼれを外資系コンサルティングファームのマネジャーにまで成長させた超実践的成長ノウハウ! 「指摘のドラフトメール一元化」「最強のTodoリスト」……などコピー取りすらろくにできなかった20代の若手コンサルタントが、自分を変えるために必死で考えたオリジナルの7つの仕事術を紹介。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍

(POSデータ調べ、7/2~7/8)



新人編集者ムラタ [ダイヤモンド社書籍編集局]

1985年東京都生まれ。2009年、ダイヤモンド社入社。以後2年間は営業部に所属。営業マンとして主に神奈川県、新潟県を担当。2011年春の人事異動にともない、書籍編集局第二編集部に配属。


新人編集者ムラタの××日記

2011年4月、ダイヤモンド社書籍編集局に大型新人が配属された。
彼の名はムラタ。2009年入社から営業部で書店営業を担当してきた彼が、全く異なる職種である書籍編集の部署で、何をどう感じ、どんなふうに自分らしい仕事のしかたを見つけていくのか。
本連載は、一人の若手編集者が様々な壁にぶちあたりながら成長していく過程を自ら日記形式でしたためていくものです(予定)。あたたかい目で見守っていただけましたら幸いです。

「新人編集者ムラタの××日記」

⇒バックナンバー一覧