[東京 12日 ロイター] - 安倍晋三首相は12日の経済財政諮問会議で、「経済界には引き続き(労働者の)処遇の改善をお願いするとともに、最低賃金の引き上げや同一労働同一賃金の実現のための法案提出など、働き方改革を進めることで消費の活性化につなげていきたい」と語った。