[ロンドン 12日 ロイター] - 英国立統計局(ONS)が発表した12月―2月の英賃金は前年比2.3%上昇し、予想(2.2%上昇)を上回った。ただ、インフレ率を考慮した賃金の伸びは0.2%にとどまった。

12月─2月の英失業率(ILO方式)は4.7%で、予想と一致した。

英国の欧州連合(EU)離脱により、今後EUとの関係がどのようになるかが明確になるまで企業は採用を控えるとみられており、今年失業率は上昇すると予想されている。

就業者数は3万9000人増加、就業率は74.6%。

3月の失業保険申請件数は2万5500件増加し、2011年7月以来の大幅な伸びを記録した。