[ワシントン 12日 ロイター] - トランプ米大統領は12日、ライアン議長を中心に下院共和党が提案している「国境調整税」という言葉が好きではないとの考えを示した。フォックス・ビジネス・ニュースとのインタビューで述べた。

大統領は「『調整』という言葉が好きではない。良い言葉を使い、他国から利用されるからだ」とし、「調整というのは、われわれが負けることを意味する」と述べた。

また米国製品が海外で高水準の税率に直面する一方、外国製品が米市場に非課税で入ってきているとし、国際税制の不公平さを批判。「相手が50%の税金を課せば、どのような水準であろうとわれわれも税金を課す」とし、こうした相互課税的な意味合いを含む言葉が望ましいとの考えを示した。

「相互税(reciprocal tax)、マッチング税(matching tax)、ミラー税(mirror tax)など様々な呼び方がある」とした上で、相互課税という点が重要だとした。