[ワシントン 12日 ロイター] - トランプ米大統領は12日、北大西洋条約機構(NATO)のストルテンベルグ事務総長との共同会見で、NATOは「もはや時代遅れではない」と述べ、大統領選で示していた見解を転換した。

ただ、NATO加盟国は公平に応分の費用を負担すべきとの主張は変えなかった。

大統領は会見で、化学兵器使用に対する報復措置として米軍がシリア空軍基地にミサイル攻撃を行ったことへのNATO加盟国の支持に感謝していると述べ、シリア内戦を終結させるときだと発言。「私はNATOは時代遅れだと語った。もはや時代遅れではない」と述べた。

ストルテンベルグ事務総長は、トランプ大統領とホワイトハウスで有意義な会合を行ったと述べた。