ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
株式市場透視眼鏡

日柄調整を経て再度上昇へ
米景気・株式は1982年に類似

2009年5月27日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 米国のS&P500が3月9日安値から5月8日高値まで37%上昇するなど、世界の株式市場は3月上旬を境に急反発した。

 急速な上昇に対して市場参加者のあいだでは警戒感が強まっているが、過去米国で短期に株価が急騰した例を参考として紹介したい。

注目すべき1982~83年の動き

 1928年以降、S&P500が2ヵ月ほどで30%以上上昇した例は、今回を除けば32年、33年、82年の3回しかない。

  前2者は約2ヵ月で74%、86%と大幅上昇を記録したが、これは大恐慌期の長期株価下落局面の終了直後であり、そのぶん反動が大きかったと考えられる。

 一方、82年は8月12日から10月20日まで36%と今回とほぼ同じ上昇率だ。また、この期間は景気の状況についても今回と共通点が見受けられるため、少し詳しく述べてみる。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


株式市場透視眼鏡

株式投資家に向け、具体的な銘柄選びの方法と銘柄名、株価の動向見通しなどを分析・予測。現役トレーダーが執筆。定量的なデータを駆使し株式投資に役立つ情報満載。

「株式市場透視眼鏡」

⇒バックナンバー一覧