[ベルリン 13日 ロイター] - ドイツのメルケル首相は、北朝鮮の核開発計画を巡り米中が同国への政治的圧力を強め、平和的な解決を求めるべきだとの考えを示した。

13日公表された独メディアへのコメントによると、メルケル氏は「軍事的手段は信頼を置いていない。しかし、双方から北朝鮮にかける政治的圧力は信じている」とし、「もし中国と米国が協力すれば、結果を得られないことはないだろう」と述べた。