[ワシントン 13日 ロイター] - 米国は来週開催される世界銀行・国際通貨基金(IMF)の春季会合で、世界の為替政策を厳しく監視するよう、IMFにあらためて要請する方針だ。会合を控え、米財務省高官が記者団に明らかにした。

その高官は「われわれは、IMFが主要国の為替政策審査を引き続き強化することを望んでいる」とし、「これが極めて重要だとわれわれは考えている」と述べた。

為替の監視は、公正かつ持続可能な世界経済を実現するために欠かせない要素だとした。

また米国は金融規制や国際税制改革などについても協議する見通しで、ムニューシン財務長官は2カ国間会合を活発に実施する見通しという。