[13日 ロイター] - 米中央情報局(CIA)のポンペオ長官は13日、北朝鮮は核弾頭を搭載した大陸間弾道ミサイルを手にして米国を脅かす状況に「かつてないほど近づいている」と警告した。

長官はまた、北朝鮮は実験を実施するごとに技術的ノウハウを蓄積してきたと指摘した。ワシントンの米戦略国際問題研究所(CSIS)で講演した際に語った。

これにより米国の選択肢は狭まっており、「北朝鮮のリーダーにとって悪い決定と厳しい1日を目にする可能性が高まった」とした。

中国が北朝鮮による核開発の抑制あるいは停止に向けてさらに取り組むという期待感はあるか聞かれ、長官は「それに望みをかけている」と語った。

米国による先週のシリア攻撃を受け、北朝鮮でも軍事行動に出るとの観測が広がっている。

米政府当局者らは、北朝鮮はシリア攻撃を米国の決意の表れと捉えるべきとの立場を表明しているが、北朝鮮への攻撃については、大規模な報復の可能性や日本や韓国に被害が及ぶ恐れがあることから、否定的な見方を示している。