[東京 14日 ロイター] - 菅義偉官房長官は14日午前の会見で、北朝鮮情勢に関して、「高度な警戒監視体制を維持し、いかなる事態にも対応できるよう、緊張感をもってわが国の平和と安全確保に万全を期しているところだ」と語った。

近く北朝鮮がさらなる挑発的行為を行う可能性について菅官房長官は「常日頃から北朝鮮の核ミサイルの動向について、重大な関心をもって情報収集・分析に努めている」とする一方で、「個々の具体的な内容や状況についてコメントは控える」とした。

また米国や韓国と連携して、挑発的行動を自制し、安保理決議を順守するよう、北朝鮮に求めていく考えをあらためて示し、「わが国の平和と安全は守り抜く、そういう決意で取り組んでいる」と語った。

*内容を追加し、カテゴリーを変更しました。

(石田仁志)