2006年に中国に移住し、蘇州、北京、広州、その後上海に約8年在住。情報誌の編集長を経て現在はフリーランスとして活躍する大橋さん。昨年から中国人妻と子どもとともに日本に居を移し、中国と日本を行き来する生活に。今回は、日本でも指摘されることの多い「中国人のマナー」について。

 中国人観光客による爆買いは一服したといわれているが、日本百貨店協会が93店舗を対象に行なった調査によると、2月の免税総売上高は約201億7000万円で、前年同月比9.6%増だった。

 国別でみると、1位はやはり中国本土で、以下香港、台湾と続く。1月、2月は中国など中華圏では旧正月の連休があるが、中国についていうと、連休は7日間。2016年は2月に集中していたが、今年は両月にまたがっており、2月は2日までの2日間だけだった。そのうえ、16年はうるう年で2月が29日まであったため、今年のほうが1日少ない。こうした条件下でありながら二桁近い伸び率なのだから、消費力はまだまだ衰えていないといっていいだろう。

 1人当たりの消費額が減少しているという指摘もあるが、日本政府観光局(JNTO)発表の推計値によると、2月の訪日中国人客数は50万9100人で、前年同月比2%増。免税総売上高の伸び率はこれを大きく上回っているので、1人当たりの消費額は拡大しているといっていいだろう。

 その恩恵にあずかっている人たちにとって、中国人はありがたい存在だが、一方でマナーの悪さに眉をひそめる人も少なくない。中国人のマナーの悪さは最近に限ったことではないが、訪日中国人数が増加すると、どうしても目につきやすくなる。

 「教育がなっていないからだ」と、その理由をしつけに求める声は多い。教育の場には学校と家庭があるが、日本以上に受験競争が厳しい中国では、学校は知識を詰め込む場であって、道徳や自立心を養うといった観点は軽視されがちだ。たとえば日本で給食を残せば、先生に厳しく咎められるが、中国では問題視されないし、それに自分たちで配膳したり片付けたりする必要もない。そもそも少し前までは、生徒と教師が一緒に昼食を取ることもなかったという。

 そうなると家庭でのしつけが重要になるが、ここにも問題がある。ただし中国人の名誉のためにいうと、親が必ずしも悪いわけではない。むしろ中国のレストランで食事をしていると、子どもを怒鳴りつけている親を目にすることは少なくない。問題は、別のところにあるように思う。

放課後に校庭で遊ぶ小学生。日本と変わらない光景だが、横では、迎えに来た親や祖父母が待っている【撮影/大橋史彦】

おばあちゃんっ子が多い中国人

 女性の社会進出が進んでいる中国では、夫婦の共働きが一般的だ。それも日本のようにパートのような働き方は一般的ではなく、正社員として働くことが多い。では子どもはどうするのかというと、自分か夫の両親に見てもらうのだ。

 それは、親が近くに住んでいる場合だけに限らない。地方から出てきている夫婦は、子どもを故郷の両親に預け別居しているケースも珍しくない。中国人の多くは、おじいちゃんっ子、おばあちゃんっ子であり、ここにまず問題がある。中国人は、孫に非常に甘いのだ。

 一人っ子政策が長かったため、ひと家庭における孫の数は昔より少なくなっている。それが、孫への甘やかしに拍車をかけている。孫が間違ったことをしていても厳しく叱ることができないし、孫が欲するまま無尽蔵におもちゃなどを買い与えてしまう。

 以前、中国人である妻が息子を叱りつけていたら、息子が泣いてしまった。それを見て義母まで泣き出したというのだから、理解に苦しむ。一事が万事こうなので、孫を躾けられるわけがないのだ。こうしてわがまま放題の人間が増殖していくことになる。

中国の学校は、保護者による送り迎えが一般的だが、祖父母がそれをすることも多い【撮影/大橋史彦】

出版即重版決定! 橘玲氏の最新刊!2017年6月14日発売!
幸福の「資本」論|橘玲著 幸福の「資本」論 重版決定!
橘玲著

あなたの未来を決める「3つの資本」と「8つの人生パターン」。あなたが目指すべき人生は?
定価:1,500円(+税) 発行:ダイヤモンド社
購入はコチラ!
世の中の仕組みと人生のデザイン|橘玲のメルマガ配信中! 20日間無料 ザイでしか読めない!橘玲のメルマガ「世の中の仕組みと人生のデザイン」も好評配信中!
月額864円(税込)
いますぐ試す(20日間無料)

バックナンバー

»関連記事一覧を見る

海外投資必勝マニュアル&本

海外投資のノウハウが凝縮! ここで紹介しているコンテンツ、書籍はすべて、ネットから購入が可能です。さらに「海外投資実践マニュアル」は「海外投資を楽しむ会」の会員になれば割引価格で購入可能です。

作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
発売即重版決定! 橘玲の最新刊【幸福の「資本」論】発売!
橘 玲(Tachibana Akira) 作家。1959年生まれ。早稲田大学卒業。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。著書に『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『(日本人)』(幻冬舎)、『臆病者のための株入門』『亜玖夢博士の経済入門』(文藝春秋)、『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』(ダイヤモンド社)など。
橘玲×ZAiONLINE海外投資の歩き方
作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
subcolumn下影

ページのトップに戻る

本WEBサイトに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の正確性・確実性・適時性を保証したものではありません。本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切の責任を負いませ ん。万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。本サイトからアクセス可能な、第三者が運営するサイトのアドレスおよび掲載内容の正確性についても保証するものではなく、このような第三者サイトの利用による損害について、当社は一切責任を負いません。また、併せて下段の「プライバシーポリシー・著作権」もご確認ください。