[北京 17日 ロイター] - 中国国家統計局は17日、不動産の投機抑制策の効果が4月以降に出る可能性が高いとの見通しを示した。

中国の大都市では、このところ不動産の投機的な取引を抑制する措置が強化されている。

統計局は1月下旬、不動産抑制策の効果が出ているとの見方を示していたが、1━2月の不動産価格は再び上向いている。