[東京 17日 ロイター] - 黒田東彦日銀総裁は17日、都内で開かれた信託大会であいさつし、世界経済が好転する中で、日本の景気の足取りは「よりしっかりしたものになってきている」と語った。現行の長短金利操作政策のもとで、イールドカーブは円滑に形成されている、との認識も示した。

総裁は世界経済について、昨年前半の「新興国経済の減速や国際金融市場の不安定化」という状況から、後半以降、「世界経済の潮目は変わりつつある」とし、「先進国・新興国双方において、製造業や貿易面の改善が明確になっており、グローバルに成長モメンタムの高まりがみられている」と述べた。

世界経済が好転に向かう中で、日本の景気も足取りがよりしっかりとしてきている、との認識を示した。

足元の消費者物価(除く生鮮食品、コアCPI)は前年比上昇率がゼロ%程度で低迷しているが、先行きは「マクロ的な需給バランスが改善し、中長期的な予想物価上昇率も高まるにつれて、2%に向けて上昇率を高めていく」と語った。

物価2%目標に向けたモメンタムも「維持されている」ものの、「なお力強さに欠けており、引き続き注意深く点検していく必要がある」と指摘。物価2%に「なお距離がある」中で、目標の早期実現には「現在の金融市場調節方針のもとで、強力な金融緩和を推進していくことが適切」との見解を示した。

昨年9月に導入した長短金利操作(イールドカーブ・コントロール、YCC)政策のもとで、日本のイールドカーブは「金融市場調節方針と整合的な形で円滑に形成されている」と語った。

(伊藤純夫 編集:吉瀬邦彦)