[北京 17日 ロイター] - 中国政府は17日、韓国に米軍の新型迎撃ミサイルTHAAD(サード)を配備する計画を巡って、反対姿勢をあらためて表明した。中国外務省のスポークスマンが定例記者会見で述べた。スポークスマンはまた、域内の平和と安定の維持に向けて、関係各国に連携を呼び掛けた。

一方、韓国の黄教安・大統領代行とペンス米副大統領は17日会談し、韓国へのTHAAD配備計画を進めることについて確認している。