[東京 18日 ロイター] - 米国のペンス副大統領は18日、北朝鮮への対応について、あらゆる選択肢があり得るとの認識を示した上で、トランプ大統領は日本、中国、韓国と協力して平和的な解決を模索する意向と明らかにした。

副大統領は安倍晋三首相との昼食会の前に、北朝鮮が挑発を強める中で日本国民が直面している困難な局面を理解していると述べ、米国は100%日本と共にあると強調した。

安倍首相は「戦略的忍耐」の局面は終了し、あらゆる選択肢があり得るとするトランプ大統領の北朝鮮政策を支持すると表明した。