[東京 18日 ロイター] - 安倍晋三首相は18日午後1時半過ぎ、来日中のペンス米副大統領との昼食会を首相公邸で開催、米国側からロス商務長官、日本側から岸田文雄外相や世耕弘成経産相らが同席した。

冒頭で安倍首相は、北朝鮮に対して「対話のための対話は意味がない」、「あらゆる選択肢がテーブルにあるとの米国の立場を支持する」と表明。ペンス氏は「戦略的忍耐の時代は終わった」、「中国や韓国など同盟国と共に朝鮮半島の非核化に向けて連携していく」、「われわれは100%日本の人々と共にある」と述べ、「日米同盟は東アジアの繁栄の礎」と指摘した。

ペンス氏は、昼食会後に行われる麻生太郎副総理との初めての日米経済対話で「日米経済の枠組みについて明らかにできることを楽しみにしている」と述べた。

昼食会に先立ちロス長官は安倍首相と会談した。

*本文中の脱字を補い再送します。

(竹本能文)