[ロンドン 18日 ロイター] - 英国のメイ首相は18日、6月8日に総選挙を前倒し実施する意向を表した。欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)協議を優位に進める上で、与党・保守党および首相としての自身への支持を国民に問うことが必要と判断した。

首相は官邸前で声明を読み上げ、離脱交渉での政府の方針は正しく、政治的結束が必要と指摘。「閣議で6月8日の総選挙実施を求めることで合意した」と述べた。

首相は「不本意ながら総選挙が必要と決断した。EU離脱とその後も見据えた強固かつ安定した英国の統率力を確立するに必要だと確信している」と述べた。

メイ氏は、EU離脱決定を受けて辞任したキャメロン前首相の後任で、保守党の党首選での勝利を経て首相に就任した。当初から解散総選挙には後ろ向きだったが、世論調査で保守党は最大野党・労働党を約20ポイントリードしているほか、英景気はブレグジット決定後も予想外の底堅さを維持するなど、追い風が吹く。また一部の改革案を巡っては保守党内からの抵抗にも直面しており、国民の信をあらためて問うことで首相としての立場を固める狙いがある。

メイ首相は、前倒し実施に向けた法案を19日に提出する。承認には議会の3分の2以上の賛成が必要だが、労働党は選挙実施を支持しており、法案は承認される見込みだ。

メイ首相が選挙は確実性をもたらすとの見解を示したことで、ポンド<GBP=D4>は対ドルで2カ月半ぶりの高値に上昇。一方、FT100種総合株価指数<.FTSE>は約7週間ぶりの安値に沈んだ。

*内容を追加して再送します。