[ワシントン 18日 ロイター] - 米下院歳入委員会は、共和党の税制改革案に関する公聴会を来週開始する。同委員会のブラディ委員長が18日明らかにした。

ブラディ氏はフォックス・ニュースに対し、来週始まる公聴会の開催日程を間もなく発表すると語った。

投資コンサルティング会社ベダ・パートナーズは、委員会で国境調整税に関する公聴会が4月27日に開かれるとの見方を示している。

歳入委員会は公聴会の日程や議題について確認していない。

ムニューシン米財務長官は今週、米医療保険制度改革を巡って議会との交渉がつまずいたことを受け、税制改革についても目標とする8月までに成立しない可能性を指摘した。

ブラディ委員長は、税制改革案の成立が9月以降にずれ込む可能性を認め、年内の成立を目指す考えを示した。