[19日 ロイター] - IHSマークイットが代理で実施したIPAベルウェザー調査によると、英国企業における今年度の広告費は0.6%増加する見通し。英国の欧州連合(EU)離脱は不透明だが、英経済の持続的な回復を見込んでいるという。

従来は0.7%減だった。

19日に公表された調査によると、英国企業全体の26.1%が2017─18年度の広告予算を増加させる見込み。

広告費の増加は18年に停滞するものの、19年と20年には再び上向くという。

また英国企業全体の11.8%がインターネット広告費を中心に第1四半期の広告予算を増加させたとした。