ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
IT&ビジネス 業界ウォッチ Special
2017年4月24日
著者・コラム紹介バックナンバー
ダイヤモンドIT&ビジネス

モバイルワーカーの生産性を高める
5つのシンプルな戦略

働き方改革の必要性が声高に叫ばれる現在、その中心的な役割を果たすのが、時間や場所にとらわれない働き方、モバイルワークだ。それを実現するためには、スマートフォンやタブレット端末といったモバイル機器だけでなく、ITシステム全体の変革、さらには企業としての根本的な戦略も必要になる。取り組みをよりシンプルに進めるための5つの戦略とは。

モバイルワークの可能性に
制限をかけてしまっていないか

 スマートフォン、タブレット端末といったモバイル機器が爆発的に普及する中、それらを活用してオフィスに縛られない働き方をする「モバイルワーク」が大きな注目を集めている。多くの企業が取り組む“働き方改革”でも中心的な役割を果たす存在といえるだろう。

 モバイルワークはすでに多くの企業で始まっている。「外出先でもメールのチェックや送信ができて効率的に働ける」「営業先での効果的なプレゼンが可能になった」といったメリットを感じている人も多いはずだ。しかし一方で、コンプライアンスやセキュリティを過度に意識するあまり、モバイルワークの可能性に制限をかけてしまっている側面はないだろうか。

 本ホワイトペーパーでは、そうした視点立って、モバイルワーカーの生産性をより高めるための5つの戦略を提示している。まず第1に挙げられているのが「BYOD(Bring Your Own Device)の採用」だ。

 文字通り、個人所有のモバイル端末を職場に持ち込んで業務に使用することを指すが、使い慣れた端末を使用することで生産性が大きく向上する効果がある。さらに企業側からすると、端末支給コストの削減、IT部門によるサポート負担の軽減、さらにはBCPの観点からも大きなメリットがある。一方で、当然ながらセキュリティ上のリスクへの対応が必須となるが、そこで重要になるのが「BYODポリシー」の策定だ。

 米国の調査会社Enterprise Strategy Groupの調査によると、正式なBYODポリシーを備えた企業は、その都度個人所有デバイスの使用を許可している企業と比べて、社員の働き方だけでなくITシステム全体に対しても大きなプラスの効果が見られたという。

 本ホワイトペーパーでは、BYODの採用に当たって留意すべきポイントに加えて、そのほかの4つの戦略についても詳しく紹介。同時に、BYODを推進するためのネットワークの在り方や、社員のパフォーマンス、エンゲージメントとモビリティーの関係性に関する調査資料も入手できる。

この記事の詳細は以下からPDFを
ダウンロードしてお読みいただけます。

資料ダウンロードのご案内

モバイルワーカーの生産性を高める
5つのシンプルな戦略

従業員の要求とITモビリティーの課題を両立させるためには何が必要なのか?
本文でも紹介したEnterprise Strategy Groupの調査結果を引用しながら、そのための取り組みのポイントを詳しく解説。
そこから導き出された5つのシンプルな戦略とは?

BYODのための
ネットワーク再設計

BYODを導入するに当たって障害となりやすいのが既存のネットワークシステム。
「柔軟性」「セキュリティ」「複雑性」「低速な3層ネットワーク」という4つの視点から問題点を解説し、それらを解消するための方法について紹介する。

モビリティー、パフォーマンス、
エンゲージメント

「生産性に最も大きな影響を与えるのは、『場所と時間にとらわれずに仕事ができること』」
――モバイル技術やそれを活用した働き方について9カ国で行った調査結果を基に、社員のパフォーマンス、エンゲージメントを高めるための方法について考察する。

※必ずお読みください

これからご登録いただくあなたの個人情報は、日本ヒューレット・パッカード(同社のプライバシーポリシーはこちら)に受け渡され、ご案内などに利用させていただきます。
ダイヤモンド社のプライバシーポリシーはこちら

[PR]

DOLトップへ
underline
お問い合わせ先

日本ヒューレット・パッカード株式会社

https://www.hpe.com/jp/ja/japan/contact/sales.html




IT&ビジネス 業界ウォッチ Special

IT業界で話題の新サービス・新製品のニュース、これから話題になりそうな新ツール、知っておきたい各種の統計調査……などなど、経営効率化に寄与するIT業界の今のうごきをレポートします。

「IT&ビジネス 業界ウォッチ Special」

⇒バックナンバー一覧