[ロンドン 19日 ロイター] - 英監査局(NAO)は19日、米インターネット通販大手アマゾン・ドット・コム<AMZN.O>と同業イーベイ<EBAY.O>を活用する売り手の不正や誤りに伴う英付加価値税の脱税額が最大10億ポンド(約12億8000万ドル)に上る可能性があるとの報告書を公表した。

NAOは報告書で、問題の売り手が中国を所在地とするケースがよく見受けられるほか、取引基準協会(TSI)の調査に基づけばアマゾンやイーベイが付加価値税のルール違反についての情報を入手後も、こうした売り手を排除できていないと指摘した。

イーベイは「イーベイを通じて取引を行う全ての売り手が(付加価値税の)法律を順守することを確実にするため、英国歳入関税庁(HMRC)と緊密に協力し続ける」と表明。アマゾンもこの件でHMRCと連携していると明らかにした。

(※ 原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください。)