[北京 20日 ロイター] - 欧州連合(EU)のモゲリーニ外務・安全保障政策上級代表(外相に相当)は20日、英国のEU離脱(ブレグジット)について、英国のほうがEUよりも失うものが大きいとの見方を示した上で、英国との交渉は厳しいものになる、と語った。訪問先の北京の清華大学で講演した。

メイ英首相は先月、EUからの離脱手続きを正式に開始。2019年3月末の正式離脱までの2年間、離脱条件などを詰めることになる。

モゲリーニ氏は講演で、難しい交渉になると表明。「英国はコミュニティーへの帰属を失い、われわれは重要な加盟国を失う。英国のほうが、われわれよりも、失うものは大きいのではないか」などと述べた。

中国はブレグジットについて、中国にとって最大の貿易パートナーであるEUが不安定化するリスクがあると懸念している。EUは実際、英国が抜けると、域内総生産(GDP)の6分の1を失うことになる。

モゲリーニ氏は「英国が離脱した後も、EUは世界一の市場、世界2位の経済であり続ける」と強調。「私はここ中国でも、EUはなくてはならないパートナーとするメッセージを受け取っている」と語った。

(※ 原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)