[ワシントン 20日 ロイター] - 米ダラス地区連銀のカプラン総裁は、今年3度の利上げは「依然として良い基本シナリオ」だが、米連邦準備理事会(FRB)は景気動向を見極めながら柔軟に対応できる余地があるとの考えを示した。ブルームバーグテレビのインタビューで述べた。

総裁は「中央値で年内3度の利上げ予想は依然として良い基本シナリオだ」と指摘。その上で「経済が下振れるようなら(利上げ)回数を減らし、上振れるようなら増やすことができる」と述べた。

自身の予想に財政政策は考慮に入れていないとしている。

労働市場にはなお、幾分緩みが残っているが、完全雇用に近づいているとしたほか、コアインフレ率も緩やかながら引き続き加速していると指摘した。

バランスシート縮小を巡っては、年内か来年初めに着手するとの見方を示し、段階的に行うべきと述べた。また開始2─3カ月前に計画を示すことが適切だと思うとした。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)