[ワシントン 20日 ロイター] - 米国家経済会議(NEC)のゲーリー・コーン委員長は20日、トランプ政権は米国に関税をかけている国に対し輸入税を導入する意向を持っていると述べた。

同委員長は「公正とは、貿易相手国による米国の扱いと同様に米国が貿易相手国を扱うことを指す」とし、「ある製品に関税をかけることを主張する場合、トランプ大統領は同様に対応し、米国に入ってくる製品に税金をかける必要があると考えている」と述べた。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)