ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

(2008年4月、青島)

 最終打ち合わせを行うはずであった翌朝、王紅総経理の都合で、午後に改めて連絡するまで待っていて欲しいとの電話が入り、一行は仕方なく滞在先のシャングリラホテルで時間を潰すことになった。

 外出するわけにもいかず、昼食もホテル内のレストランで済ませることにしたが、急な変更に苛立つ役員たちが不機嫌な顔を隠さなかったので、部下たちは砂を噛むように黙って箸を動かしていた。

 「これが中国式なのか、それとも単に舐められているのかな。明日には帰国するというのに、当初の目的である仮契約まで漕ぎ着けることができるのかね?」

 岡崎の問いに誰も答えることが出来ない。そんな中、唯一人平気な顔でさっさと食事を済ませ、茶を啜り始めた隆嗣に、宮崎が皆を代表して尋ねた。

 「彼らが急に予定を変更したのは、なぜでしょうか?」

 「わかりません」

 その返事に宮崎たちは鼻白んだが、それを楽しむように間を置いてから隆嗣が言葉を続けた。

 「ただし、総経理の予定での変更という理由が本当ならば、それには総経理の何らかの意思が働いているはずです」

 「それはどういうことです?」

 皆が身を乗り出して隆嗣の口元へ注意を向けた。

 「彼らの話を総合すると、今回のプロジェクトに日本の住宅メーカーを入れたいというのは、総経理の意見だったようです。交渉は大筋でうまくいったが、支払条件だけがつまずいてしまった。当然、あの眼鏡君は、責任者とはいえ総経理の意向を無視して契約を御破算にするような行動は取れない。今頃、総経理と顔を突き合わせて判断を仰いでいる、といったところでしょうね」

 微かに光りが見えた思いの一同は、やや表情を明るくした。

 「伊藤さんの読みを信じて、焦らず気長に連絡を待つとするか」

 吉川の言葉に、ようやくみんなの箸が進み始めた。

 

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
まいにち小鍋

まいにち小鍋

小田真規子 著

定価(税込):本体1,100円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
簡単で安くて、ヘルシー。ポッカポカの湯気で、すぐにホッコリ幸せ。おひとりさまから共働きのご夫婦までとっても便利な、毎日食べても全然飽きない1〜2人前の小鍋レシピ集!「定番鍋」にひと手間かけた「激うま鍋」。元気回復やダイエットに効く「薬膳鍋」や、晩酌を楽しみたい方に嬉しい「おつまみ鍋」など盛り沢山!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


村上卓郎(むらかみ・たくろう)

1965年生まれ。大学在学中に中国へ留学。会社勤務にて貿易業務と海外駐在を経験。現在は独立して貿易仲介業を営む。初めて書いた『認命(レンミン)――さだめ』が第3回城山三郎経済小説大賞で最終候補に残り、選考委員から絶賛される。


連載経済小説 運命回廊

〈第3回〉城山三郎経済小説大賞は、異例の2作品が大賞受賞。惜しくも選から漏れたものの、大賞作に劣らぬ魅力があると各選考委員から絶賛された隠れた名作があった。
その作品とは『認命(レンミン)――さだめ』。
バブル期の日本になじめず、中国に渡った青年は、なぜ中国に残ってビジネスを続けるのか――。共産党の支配下で急成長する中国経済をリアルに描いた話題の経済小説が『運命回廊』と改題して、ついにWEBで連載開始!

「連載経済小説 運命回廊」

⇒バックナンバー一覧