ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

(2008年4月、青島)

 車が20階建てほどの大きな高層マンションへ到着した。見上げると『建富花園』という看板が掲っている。このマンションも、建富開発公司の物件の一つらしい。

 地下駐車場に車が停車すると、すぐ脇のエレベーターへと王紅が隆嗣を案内した。彼女は暖かい目を向けてくれているが、口は閉ざしたままだ。隆嗣もあえて沈黙を保っていた。

 彼女がICカードを操作パネルの差込口に入れると、最上階のランプが点灯した。エレベーターが上昇し、到着してドアが開かれると、そこは客を迎え入れるエントランスホールとなっていた。

 黒を基調としたシックな内装で、間接照明に照らされた背丈ほどの大きな陶器の壷や、2メートルはあろうかという黄山を描いた雄大な山水画が隆嗣を出迎える。限られた人間のみが到達できる最上階のワンフロアーすべてが、彼女たちの住まいとなっているらしい。

 そのまま王紅の後について進み、無駄に広いリビングに入った。30畳はあろうかと思える明るい室内はいたってシンプルで、革張りのソファセットと4人掛けのこじんまりとしたダイニングテーブルだけが立体感を表している。

 残りの平面スペースは濃紅色の花梨フローリングが埋めていた。壁際に並ぶキャビネットボードの中に見えるコーヒーカップやグラス、それに大きな薄型テレビが、わずかに生活感を感じさせる。

 王紅が室内を見回して夫の所在を捜す。と、リビング奥の大きなガラス戸が開かれて、男が現れた。

 ベランダから入ってきたのは、カジュアルな装いをした紳士だった。ディオールのシャツの袖をまくった手には、グラスが握られている。

 「久しぶりだね、隆嗣……。君と素面で会う自信がなかったから、申し訳ないが先に一杯やっていたんだ。一緒にどうだい?」

 近付いてくる男の顔を隆嗣が凝視した。その精悍な顔つきと鋭い目には見覚えがある。活動的な学生の明るい笑顔が脳裏で一致して、驚きの声を絞り出した。

 「建平……焦建平か?」

 「ああ」彼も、それ以上の言葉が出ないようだ。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
  • ダイヤモンド・オンライン 関連記事
    一流の磨き方

    一流の磨き方

    浜野安宏 著

    定価(税込):本体1,300円+税   発行年月:2017年7月

    <内容紹介>
    「一流」とは、上流でも、中流でも、下流でもない。お金で買える高級品でもない。一流とは「とらわれない力」であり、孤独であり続ける力。膨大な「経験」に裏打ちされて、しっかり底光りするものであり、仕事や遊びの時間と質が、人を本物へと磨き上げるものである。

    本を購入する
    ダイヤモンド社の電子書籍

    (POSデータ調べ、8/6~8/12)



    村上卓郎(むらかみ・たくろう)

    1965年生まれ。大学在学中に中国へ留学。会社勤務にて貿易業務と海外駐在を経験。現在は独立して貿易仲介業を営む。初めて書いた『認命(レンミン)――さだめ』が第3回城山三郎経済小説大賞で最終候補に残り、選考委員から絶賛される。


    連載経済小説 運命回廊

    〈第3回〉城山三郎経済小説大賞は、異例の2作品が大賞受賞。惜しくも選から漏れたものの、大賞作に劣らぬ魅力があると各選考委員から絶賛された隠れた名作があった。
    その作品とは『認命(レンミン)――さだめ』。
    バブル期の日本になじめず、中国に渡った青年は、なぜ中国に残ってビジネスを続けるのか――。共産党の支配下で急成長する中国経済をリアルに描いた話題の経済小説が『運命回廊』と改題して、ついにWEBで連載開始!

    「連載経済小説 運命回廊」

    ⇒バックナンバー一覧