[ロンドン 24日 ロイター] - フランス大統領選挙の第1回投票で、マクロン候補とルペン候補が決選投票に進むことになり、アジア市場でユーロが急上昇している。

急進左派のメランション候補と極右ルペン候補による決選投票となることを市場は懸念していた。

ユーロは対ドルで11月10日以来の高値となる1.09395ドルと2%も上昇。

ユーロは対円では3%上昇し5週間ぶり高値の120.905円。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)