[ロンドン 22日 ロイター] - メイ英首相は22日、6月8日の総選挙に向けた演説で、勝利した場合に個人向けの税金引き上げの可能性について明言を避けた。

イングランド中部の選挙イベントに出席したメイ首相は、増税の可能性を排除するか、と記者団から3回質問された。

メイ首相は「今回の選挙で、国民は非常に明確な選択をすることになる。減税の保守党か、それとも増税の労働党か、だ」と述べた。

総選挙は、欧州連合(EU)離脱交渉を控えた地盤固めが狙いで、各種世論調査では、メイ首相の与党・保守党の圧勝が予想されている。だが、メイ首相は、選挙実施を決断したことで、税や年金、対外援助といった懸案事項に直面している。

ハモンド財務相は21日、2015年の選挙戦での財政政策の公約が自身の経済運営の制約になっているとし、増税の可能性を示唆している。