ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
株式市場透視眼鏡

来期のアナリスト予想利益がバラツキ小さくかつ低PER

2011年6月8日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 3月期決算企業の本決算発表が終わった後の株式市場は買いの手がかりとなる材料が乏しくなっている。震災の影響から企業業績の予想が難しく、決算発表で今期(2012年3月期)の税引き後利益の予想を発表できなかった企業は東証1部上場企業の21%を占めた。当の会社ですら難しいのだから、公表情報を使って予想するアナリストが利益を予想することは、なおさら困難だ。利益予想に確信が持ちにくければ、その利益を使った投資尺度や企業評価で単純に銘柄を選別できないだろう。

 そこで今回は、あえてこの確信度を積極的に利用した銘柄選別を考案した。具体的には次のようなものだ。

 ある事業会社に対して、複数の証券会社のアナリストが利益を予想するわけだが、この予想された利益にバラツキが大きい企業は、利益の予想が難しい事業会社と考える。反対に、アナリストが予想する利益にバラツキが小さく、予想が一定の範囲に集中する場合には、利益予想に対する確信の度合いが高いと考える。ここで、アナリストの予想利益のバラツキが小さい(つまり利益予想の確信の度合いが高い)銘柄のなかで、魅力的な銘柄を選んでいけばよいのだ。

 では、今期予想利益のバラツキが小さい企業に注目するのがよいのか。じつはそうではない。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


株式市場透視眼鏡

株式投資家に向け、具体的な銘柄選びの方法と銘柄名、株価の動向見通しなどを分析・予測。現役トレーダーが執筆。定量的なデータを駆使し株式投資に役立つ情報満載。

「株式市場透視眼鏡」

⇒バックナンバー一覧