[ワシントン 24日 ロイター] - トランプ米大統領は23日、中国の習近平国家主席と電話協議し、北朝鮮が好戦的な態度を続けており、朝鮮半島を不安定化していると批判した。米ホワイトハウスが24日、声明を発表した。

米中首脳は北朝鮮のミサイル、核プログラムによる脅威が差し迫っており、朝鮮半島の非核化に向け共に取り組むことに注力しているとの認識で一致したとしている。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)