[東京 25日 ロイター] - 寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比3円32銭安の1万8872円56銭と、小反落して始まった。その後はプラスに転じた。前日の米国株は大幅高となったが、外為市場でドル/円<JPY=>は109円台後半まで円高が進行しており、外需大型株の上値を圧迫している。

証券、保険など金融セクターの一角がしっかり。金属製品や情報通信は弱含みで推移している。