[東京 26日 ロイター] - 寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比105円59銭高の1万9184円92銭となり、続伸して始まった。前日の米国株が大幅高となったことや、為替が1ドル111円台まで円安に振れるなど外部環境の改善を好感した。

懸念されたリスクイベントを通過し、市場に安心感が広がっている。寄り後に1万9200円台を回復した。海運、機械、非鉄などが高い。半面、小売、その他製品はさえない。