4月21日、中国の鉄鋼輸出を巡り、トランプ米大統領が同国に向けて放った第1矢は、2大経済大国である米国と中国の長年にわたる通商対立を加速させているが、中国を抑え込むほどではないかもしれない。河北省にある製鋼所で2月撮影(2017年 ロイター/Thomas Peter)

[マニラ/北京 21日 ロイター] - 中国の鉄鋼輸出を巡り、トランプ米大統領が同国に向けて放った第1矢は、2大経済大国である米国と中国の長年にわたる通商対立を加速させているが、中国を抑え込むほどではないかもしれない。

 中国の昨年における対米鉄鋼輸出量は62万トンで、これは同国の年間生産量8億トンのほんの一部にすぎない。中国の生産量は世界生産量の約半分に匹敵する。

 世界トップの鉄鋼生産量を誇る中国が、世界中の市場で過剰な製品をダンピング(不当廉売)しているという度重なる疑惑によって、より大きな打撃を受けているのは、鉄鋼セクターが海外での中国の過剰販売の矢面に立たされている隣国の日本や韓国かもしれない。

 中国など外国製の鉄鋼製品が米国に安全保障上の脅威をもたらしているかを判断するため、トランプ大統領が調査の開始を指示した後、20ヵ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議で米首都ワシントンを訪れていた日本の麻生太郎財務相は、中国の過剰生産が米国やインド、日本の鉄鋼業界に損害を与えていると非難した。

 中国の鉄鋼輸出は2015年、過去最高となる1億1240万トンに達したが、貿易紛争の恐れや国内需要増により製鋼所が調整を迫られるなか、昨年の輸出量は1億0849万トンとわずかに減少したと専門家は指摘する。