[ソウル 26日 ロイター] - 韓国大統領選の最有力候補とされる革新系最大野党「共に民主党」の文在寅氏の広報担当者は26日、米軍が韓国で新型迎撃ミサイルTHAAD(サード)配備予定地への移動を始めたことを受け、米軍の動きは極めて遺憾だと表明した。

広報担当者は声明で、配備予定地への搬入開始は、議論の的となっているミサイル防衛システムに関する決定権を新政権から奪うものだとし、「極めて不適切」だと指摘した。