ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
孫社長のむちゃぶりをすべて解決してきたすごいPDCA
【第21回】 2017年5月19日
著者・コラム紹介バックナンバー
三木雄信

「月末まで本気を出せない人」は
今すぐ「これ」をしてください

previous page
2
nextpage

なぜ多くの人が「月末」に後悔するのか?

 人間は、「月間の目標」だけでは頑張れないのです。

 毎日の勝ち負けがわかれば、本人のモチベーションも大きく変化します。

 最大のメリットは、仕事を「ゲーム化」できることです。

 目標をクリアし、「今日は勝ちだ!」とわかれば、「よくやった」と自分を褒めてやれます。気分もすっきりし、夜もぐっすり眠れて、また次の日も頑張れるでしょう。

 たとえ「今日は負けだった……」とわかっても、「だったら、明日は違うやり方でお客さんにアタックしてみよう」などと改善策を具体的に考えられるはずです。

 やるべきことがはっきりすれば、人間はまた頑張ろうという気になるもの。

 一番よくないのは、「本当に今月のノルマを達成できるのだろうか」といったモヤモヤを抱えながら仕事をすることです。

次のページ>> 孫社長の日課とは?
previous page
2
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
  • ダイヤモンド・オンライン 関連記事
    捨てる力 ブッダの問題解決入門

    捨てる力 ブッダの問題解決入門

    大喜多健吾 著

    定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2017年7月

    <内容紹介>
    多くのビジネスパースンが抱える悩みは、「煩悩、偏見、執着」に捉われているせいです。ブッダの教えにしたがって、「煩悩」を静め、[偏見」を捨て、「執着」を手放せば、本当に必要なものが手に入り、人生は好転し始めます。仏教の教えを問題解決の方法に応用した初のビジネス書。

    本を購入する
    ダイヤモンド社の電子書籍

    (POSデータ調べ、8/13~8/19)



    三木雄信

    1972年、福岡県生まれ。東京大学経済学部卒業。三菱地所㈱を経てソフトバンク㈱に入社。ソフトバンク社長室長に就任。孫正義氏のもとで、マイクロソフトとのジョイントベンチャーや、ナスダック・ジャパン、日本債券信用銀行(現・あおぞら銀行)買収、およびソフトバンクの通信事業参入のベースとなった、ブロードバンド事業のプロジェクトマネージャーとして活躍。また、一連の事業を通して「高速PDCA」の土台を構築する。
    2006年に独立後、ラーニング・テクノロジー企業「トライオン株式会社」を設立。1年で使える英語をマスターするOne Year English プログラム〈TORAIZ〉を運営し、高い注目を集めている。
    自社経営のかたわら、東証一部やマザーズ公開企業のほか、未公開企業の社外取締役・監査役などを多数兼任。プロジェクト・マネジメントや資料作成や、英語活用など、ビジネス・コミュニケーション力向上を通して、企業の成長を支援している。
    多数のプロジェクトを同時に手がけながらも、ソフトバンク時代に培った「高速PDCA」を駆使し、現在は社員とともに、ほぼ毎日「残業ゼロ」。高い生産性と圧倒的なスピードで仕事をこなし、ビジネスとプライベートの両方を充実させることに成功している。
     


    孫社長のむちゃぶりをすべて解決してきたすごいPDCA

    どんなにハイレベルな仕事でも、PDCAを使って超スピードで、かつ確実に成果を出す仕事術。仕事がうまくいかない、時間がかかってしまう、今日も残業だ……ビジネスパーソンの多くが日々、こうした課題と格闘しているのではないでしょうか。こうした問題をシンプルに解決する方法が、本書で紹介する「PDCA」です。
    長年、ソフトバンク孫正義社長のハードな要求、すなわち「むちゃぶり」に答えてきた著者が、具体的にどうPDCAを回すことで、すぐれた仕事をしてきたのか、そのためのノウハウを紹介します。

    「孫社長のむちゃぶりをすべて解決してきたすごいPDCA」

    ⇒バックナンバー一覧