[ワシントン 26日 ロイター] - 米連邦政府の暫定予算の期限が28日に迫る中、期限切れを受けた政府機関閉鎖の回避に向け、議会下院が期間1週間のつなぎ予算を近く検討する可能性があることが26日、共和党関係筋の話で明らかになった。

関係筋はこれにより広範な予算について協議を進めるための猶予が得られると指摘。民主党は、長期措置を巡る協議合意に近づいている場合は期間1週間の措置を支持するとの立場を示している。

民主党は議会では少数派だが、これまでの協議の過程で少なくとも2つの大きな譲歩を共和党から引き出している。

トランプ大統領は民主党の要求に屈し、メキシコとの国境の壁建設費用の予算計上を先送りする意向を示した。

また、民主党は医療保険制度改革(オバマケア)に関しても、少なくとも当面は低所得者層向けプログラムに対して資金を拠出する同意を政権側から得た。

議会が28日深夜までに短期のつなぎ予算あるいは本予算で合意できなければ、政府機関は閉鎖に追い込まれる。

多くの政策担当者らは政府機関が17日間にわたって閉鎖された2013年の再現を恐れている。

下院民主党のペロシ院内総務はこれまでの協議に関する声明を発表し、「交渉におけるわれわれの大きな懸念は、壁の建設費用と、オバマケアの下で市場の安定にとって不可欠な資金拠出についての不透明感だった。双方の問題に関し、われわれは前進している」と表明。ただ、その他の相違についても解決する必要があると付け加えた。

ライアン下院議長(共和党)は記者団に対し、「(合意に)非常に近づいている。交渉は最後に残った核心部分の不一致に入り始めている」と語った。

米議会では共和党が上下両院で過半数を確保しているものの、上院での議席は52にとどまり、本予算案の通過に必要な60票を確保するためには、少なくとも一部民主党議員の支持を得る必要がある。

*内容を追加しました。