[ウィーン 26日 ロイター] - オーストリア検察当局は26日、2003年の戦闘機ユーロファイターの発注(約20億ユーロ)を巡り、欧州航空機大手エアバス<AIR.PA>のエンダース最高経営責任者(CEO)を詐欺容疑で捜査していることを明らかにした。

これに関しては先にロイターが入手した文書を基に報じ、検察当局者が確認していた。エアバスは「全く根拠がない」としている。

オーストリア検察当局は2月、この取引を巡り、生産企業の「ユーロファイター・コンソーシアム」とこれに参加しているエアバスが購入価格や装備などに関して不適切な説明を行ったとの国防省の調査結果を受け、捜査を開始した。

ロイターが入手した文書によると、捜査対象の個人は現在エンダースCEOを含め16人となっている。

エアバスの広報担当者は、ロイターの報道後に検察当局から捜査について通知を受けたと明らかにし、「トム・エンダースCEOが調査対象の個人に含まれている。この疑惑に関しては、これまで繰り返し述べているように全く根拠がないと考えいている」とした。

同CEOとエアバス、およびユーロファイター・コンソーシアムはいずれも容疑を否認している。

コンソーシアムはエアバスと英BAEシステムズ<BAES.L>、イタリアのレオナルド<LDOF.MI>で構成されている。