[北京 27日 ロイター] - 中国人民銀行(中央銀行)の范一飛副総裁は27日、中国は人民元の国際化への取り組みを引き続き進め、また自由貿易と投資を一段と推進していくと述べた。

豪シドニーで開かれたフォーラムで述べ、人民銀のウェブサイトに内容が掲載された。

副総裁は、金融の安定を維持しつつ安定した経済成長を達成することで、人民元の国際化にとって良い基盤を確立できると確信していると述べた。

その上で、このプロセスは長期にわたるとし、市場が「決定的な役割」を担うとの見方を示した。