[北京 30日 ロイター] - 中国国家統計局が発表した4月の製造業購買担当者景気指数(PMI)は51.2と予想を下回り、6か月ぶりの低水準となった。 生産者物価が減速したことや、金融リスクを抑制する当局の取り組みが需要を圧迫したことが背景にある。

ロイターがまとめたアナリスト予想は51.6。前月は51.8と約5年ぶりの高水準だった。景気拡大・悪化の境目となる50を上回るのは9カ月連続。

需要が全般的に減退した。構成指数のうち投入価格指数は3月の59.3から51.8へ急低下し昨年6月以来の低水準を記録した。

コメルツ銀行(シンガポール)のエコノミストは、最近の鉄鉱石価格と国内鉄鋼価格の大幅下落は、中国の製造業が直面している圧力を示していると指摘した。

「これは基調的な需要がほとんど改善していないことと、中国当局のデレバレッジに向けた取り組みが効果を上げ始めたことを示している」と分析した。

雇用指数は50.0から49.2へ低下した。原材料の在庫を示す指数は48.3で横ばいだった。

非製造業購買担当者景気指数(PMI)は54.0となり、2014年5月以来の高水準だった3月の55.1から小幅低下した。