[ハリスバーグ(米ペンシルバニア州) 29日 ロイター] - 大統領就任100日を迎えたトランプ米大統領は29日、ペンシルベニア州で演説し「われわれが次々と約束を果たしつつあることに国民は非常に満足している」と述べ成果を強調した。

最高裁判事にニール・ゴーサッチ氏を充てる人事が承認されたことや、環境や企業に関する多くの規制を撤廃したことに加えて、キーストーンXLパイプラインの承認、環太平洋連携協定(TPP)からの離脱、国境管理の強化などをこれまでの主な成果として挙げた。

「不正に米国に入国しようとすれば拘束され、送還されるか拘留されるというメッセージを世界は受け取っている」と語った。

医療保険制度改革(オバマケア)改廃やメキシコとの国境の壁建設など選挙の主要な公約は実現していない。だがトランプ大統領は法案が成立しなかったのは民主党の責任と主張し、公約はいずれ果たすと強調。「われわれは壁を作る。心配する必要はない」と述べた。

ホワイトハウスは大統領が演説後に貿易に関する大統領令に署名したことを明らかにした。全ての貿易協定について悪用されていないか調査すること命じたほか、貿易関連の問題で大統領にアドバイスする部門をホワイトハウスに設立する。