[ブリュッセル 29日 ロイター] - 欧州連合(EU)首脳らは29日、英国との離脱交渉に向けて開催した特別会議で、英国の北アイルランドが将来の住民投票でアイルランドと統合されることになった場合、同地域のEU加盟を認める方針を示した。

アイルランドのケニー首相が、1990年の東ドイツの事例のように、統合された場合に北アイルランドの自動的なEU加盟を認めるよう他の首脳らに要請した。

北アイルランド紛争を終結させるため1998年に結ばれた和平合意であるベルファスト合意(グッドフライデー合意)には、将来の住民投票を認める条項が盛り込まれている。

ケニー首相は、首脳会議後に記者団に対し「これはいかなるメカニズムを発動させることとも関係ない。現時点では住民投票を実施する状況も整っていないが、グッドフライデー合意における基本方針および可能性への承認は非常に重要だ」と述べた。

その上で「住民らが民主的な手段、すなわち住民投票で別の選択をしない限り、(北アイルランドの)6州は英国の一部にとどまる」と指摘した。

*写真を追加しました。