[ソウル 1日 ロイター] - 北朝鮮外務省は1日、米国の敵対姿勢に直面する中、核戦力を「連続的で継続的」に「最大限に」強化すると表明し、核兵器の実験を継続する可能性を示唆した。

朝鮮中央通信(KCNA)によると、外務省の報道官は声明で、「米国が北朝鮮に対する制裁や圧力を巡って騒ぎ立てる中、新たな『最大限の圧力と関与』政策に従い、北朝鮮は最大限の速度で核抑止力強化措置を進めていく」とした。

「核戦力を最大限に強化する措置は、連続的かつ継続的に、最高指導部が決定する任意の時期や場所で行われる」と表明した。