[ワシントン 1日 ロイター] - トランプ米大統領は、ロシアのプーチン大統領と2日の米東部時間午後0時30分(日本時間3日午前1時30分)から電話会談を開く。ホワイトハウスが発表した。

米政府高官によると、両首脳はシリア情勢を協議するとみられている。

トランプ氏は前月、シリアで化学兵器が使用されたことを受けて、シリア空軍基地への巡航ミサイル攻撃を指示。

シリアのアサド政権を支持するロシア政府は、化学兵器使用にシリア政府は関与していないとの立場を示している。

トランプ大統領はシリアへの攻撃後に、米ロ関係は「史上最低かもしれない」と述べている。

*内容を追加します。