[東京 2日 ロイター] - 原油先物価格は2日、小幅下落している。リビアの原油生産回復や米国の供給増加により、主要産油国の協調減産効果が十分に出ていないとの懸念が高まっている。

北海ブレント先物<LCOc1>は7セント(0.1%)安の1バレル=51.45ドル。米原油先物<CLc1>は10セント(0.2%)安の48.74ドル。

リビアの国営石油会社(NOC)は1日、産油量が日量76万バレルを上回り、2014年12月以来の水準に増加したことを明らかにした。