ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
株式市場透視眼鏡

リスクマネー復活で株価上振れか
注目は「新興国」「資源」「環境」

2009年7月8日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
始まったリスク資産への資金流入

 世界の株式市場は日柄調整的な局面にあるものの、それほど下がらず底堅い。これは投資家のリスク許容度回復により、新規資金が株式を含むリスク資産に流入し始めたためと見ている。

 典型が投資信託だ。米国の株式投資信託のデータを見ると、4月まで資金が流出したものの、5月から流入超に転じ、最近は週当たり30億ドル程度の流入が続いている。米国ほどではないが、日本でも5月は国内株式型、外国株式型などの投資信託に資金が流入した。

 それ以外でもさまざまな個所でリスクマネーの動きが活発化する兆しが見られる。たとえば、調査会社ユーレカヘッジは、5月はヘッジファンドに15億ドルの資金が流入したと報じたが、純流入は昨年7月以来とのことである。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


株式市場透視眼鏡

株式投資家に向け、具体的な銘柄選びの方法と銘柄名、株価の動向見通しなどを分析・予測。現役トレーダーが執筆。定量的なデータを駆使し株式投資に役立つ情報満載。

「株式市場透視眼鏡」

⇒バックナンバー一覧