[3日 ロイター] - 北朝鮮国営の朝鮮中央通信(KCNA)は3日、中国国営メディアが北朝鮮の核開発プログラムをめぐる制裁強化の必要があると伝えたことについて、両国間の関係を損ねるものとして批判した。北朝鮮が中国を批判するのは異例。

KCNAは中国の人民日報と環球時報がこのほど掲載した論評に言及。「中国から連日のように不条理でかつ無謀なコメントが聞こえており、こうしたことは状況の一段の悪化につながる」とし、中国は北朝鮮との関係悪化が及ぼす深刻な結果を考慮する必要があるとした。

そのうえで、北朝鮮は「存在と発展」のために核開発プログラムを必要としているため「変更することも揺るがすこともできない」とし、「北朝鮮は中国に対し友好関係を維持するよう懇願することはない」とした。

北朝鮮は前日、米国により核戦争の瀬戸際に追い詰められているとの見解を表明。中国はこれを受けこの日、関連各国に対し自制を呼びかけている。