[ブリュッセル 4日 ロイター] - 欧州連合(EU)統計局が発表した3月のユーロ圏小売売上高は、前月比で3カ月連続の伸びを示し、市場予想を上回った。

物価上昇に伴う消費への影響が、現時点で出ていないことを示した。

前月比で0.3%増(市場予想0.1%増)、前年比で2.3%増(予想2.1%増)だった。

電気製品・家具が0.7%の伸びを示したことが大きい。

一方、2月の小売売上高は前月比で0.5%増(前回推計値0.7%増)、前年比1.7%増(同1.8%増)から下方修正された。